ブログトップ | ログイン

le beurre noisette

noisette5.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

菜の花と海老のリゾット

少しずつ暖かくなってきました。
最近の晩ごはんは
もうすぐ家を離れて暮らす娘のリクエスト
食べておきたいメニューを作ってます。

リゾットは生のお米から作りますが
一人の時は冷凍ごはんで簡単リゾット作ります。
菜の花と海老のリゾットは菜の花の苦みが春の感じです。

d0253553_17213065.jpg


<Resipe>
        菜の花と海老のリゾット風

(材料) 2人分
ごはん  お茶碗1杯
菜の花  3本
海老  2本
にんにく(みじん切り) 1/2個分
コンソメスープ  適量
塩・コショウ
オリーブオイル  適量
好みで粉チーズ

(作り方)
1.菜の花は食べやすい大きさに切り、海老は殻と背ワタを取り除き4等分ほどに
  カットする。
2.200~300㏄のお湯に固形スープの素を溶かし、できたコンソメスープで
  菜の花をさっと茹でる。  
3.フライパンにオリーブオイルを入れニンニクのみじん切りを加え火をつけ
  香りが出るまで炒め軽く温めたご飯を加えさっと炒め、コンソメを加えながら
  好みの硬さになったら海老を加えひが通ったら塩・コショウで味を調え器に
  盛り付け、菜の花をトッピングする。

*菜の花を小さめに切って混ぜてもきれいです、好みですり下ろした
 パルミジャーノを混ぜると濃厚な味になります。

d0253553_17453937.jpg

 
菜の花は和えたり、炒めたりと色々な料理に使えます
この時期いついも冷蔵庫にある食材です。
  
by noisette7 | 2012-03-18 17:47 | Recipe | Comments(2)

素敵なイベントで出会った器

瑞穂区にある岳見町ぎゃらりぃで行われたイベント
「結々~和で結ばれる~絵と器と食と音」

絵はデザイン工房ミドリ主宰の服部ミドリさん
器は陶芸作家中村崇心さん
食は懐石風出張料理の池田美香子さん
音は満月紙芝居劇場主宰の伊藤今日子さん

少しだけ春を感じるお庭を眺めながら
粋で個性的な絵に囲まれ
素敵な器に盛り付けられた心のこもった料理を
いただき、初めて目の前で聴く津軽三味線と語りに
ジンとくる。素敵な空間ででした。

d0253553_21374438.jpg

ぎゃらりいの玄関には赤の椿一輪


d0253553_21392282.jpg

一つ一つとても丁寧に作られたお料理
料理人池田さんの作るお料理はゆっくり
味をかみしめながら楽しみたい料理です。
春を感じました。


ぎゃらりいに置かれた中村さんの器たち

d0253553_21461138.jpg

貫入の入った温かみのある花器
d0253553_2148956.jpg

お料理が盛られているときには気がつかなかったけど
遊び心のある織部のお皿
d0253553_21494241.jpg

貫入に赤の文様が描かれた湯飲み

優しくてシンプルな器と個性的な器
どちらもとても興味深い器たちでした。

イベントの案内には「春の訪れを感じながら、少しだけ
五感を潤していただけたら幸いです」と書かれていました。
アーティストさん、作家さんたちのそれぞれの作品と
空間で充分五感を潤すことができたと思います。


岳見町は普段通っている道路を1本中に入った所
今まで知らなかった場所です
ギャラリーの隣にはカフェも併設されています
コーヒーを飲みながら季節の庭を眺めるのもいいですね。
by noisette7 | 2012-03-09 22:17 | | Comments(2)

卒業式


3月1日は娘の高校の卒業式でした。
私服の高校だったので
女の子はほとんどが袴姿。

一緒に選んだ着物はアンティークの物
半襟や伊達襟と着物の組み合わせ
最近はおしゃれになってます。
d0253553_16215441.jpg


卒業式はとてもあっさりと終了し
小学校や中学の時のように母も涙でうるうる
ということもなくちょっともの足りない感じ。

高校の3年間はあっという間、4月から大学生の生活を
スタートします。大きな夢に向かって頑張って欲しいものです。
by noisette7 | 2012-03-06 16:37 | その他 | Comments(2)