ブログトップ | ログイン

le beurre noisette

noisette5.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

クリスマスにチキンのコンフィ

ここ何年かはクリスマスにはスモークチキンを作っていますが
チキンのコンフィも柔らかくて美味しいのでお勧めです。

お肉のコンフィはその食材の脂でゆっくり煮る料理。
たまには本を読んだり、音楽を聴きながら時間をかけて
料理するのも楽しいですよ。

d0253553_16292959.jpg


<Resipe>
         チキンとジャガイモのコンフィ
(材料)
とりモモ肉  2枚
粗塩  小1
オリーブオイル  1C
サラダオイル  1C
ジャガイモ  小4個
にんにく  1かたまり
ローズマリー  2枝

(作り方)
1.鶏もも肉はスジや余分な脂身を取り除き粗塩をすり込み、重ねないように並べラップを
  かけ冷蔵庫に一晩おく。
2.鶏肉の水分をふき取り、オーブン使用の鍋に入れ、オリーブオイル・サラダオイル
  にんにく(皮付き)じゃがいも・ローズマリーを加え強火にかける。
3.ふつふつと大きめの泡が浮いてきたら火を止め、蓋をして100℃のオーブンに入れ
  1時間30分程加熱する。
4.3を取り出し、鶏肉・じゃがいもは半分に、にんにくは粒に分けフライパンにオイルをひき
  こんがりと焼き色がつくまで焼く。

 *鴨肉だとさらに豪華なディナーになります、鶏肉を使うときも鴨皮から取った脂を使うと
  美味しいと聞き試してみましたが、鶏はオリーブオイルとサラダオイルでも充分おいしい
 
  ローズマリーはお好みで
 

野菜など添えて盛り付けるのも楽しい! 
d0253553_16515589.jpg
 

お肉はしっとりと柔らかです。


実際、私はかなりせっかちなのでオーブンをセットしたら、音楽を聴きながら
別のことをしています。


 
by noisette7 | 2011-11-26 17:10 | フード | Comments(2)

レースのコースター

自分の生活の中に
レースのコースターはありませんでした
今までは


随分前に、母が編んだレースのコースターを
送ってくれました。
引き出しの中から見つけたので
ちょっと優しいコーディネート
d0253553_2173963.jpg


またまた引き出しの中から
クリスマスのオーナメント
クロワッサンの形のナプキンのリングに
d0253553_21101234.jpg


ちょっと優しい気持ちになれました。
by noisette7 | 2011-11-18 10:00 | コーディネート | Comments(4)

ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー

今日11月17日は
ボジョレーヌーヴォーの解禁日です。

数あるなかから、ちょっかわいいエチケットの
ワインを選びました。
サーモンと彩り野菜ののマリネと共に。

<Resipe>
パプリカと玉ねぎは
白ワインヴィネガーとオリーブオイル・レモンの絞り汁少々
塩・コショウを適量合わせたマリネ液に30分程漬けておく。
d0253553_2041813.jpg


サーモンは軽く塩・グラニュー糖をまぶし2~3時間程置き
水分を取りスライスして、プレートに並べマリネ液をかけ
マリネしたパプリカ・玉ねぎとスプラウト・ディルをトッピング。
d0253553_2040666.jpg


もう一品
牡蠣のガーリックバター焼き
ボイルしたホウレンソウを耐熱容器に敷き
塩・コショウしてオリーブオイルで
軽くソテーした牡蠣を並べ
d0253553_20444596.jpg

すりおろしにんにくを加えたバター・パン粉をのせ
オーブンでこんがり焼く。
d0253553_20461690.jpg

熱々は牡蠣がふわふわでニンニクバターが美味しい、らしい。
残念ながら、私は牡蠣はアレルギーがあるので
食べれません。
食べてる横からガーリックバターのいい香りだけ。 残念。

先日、はじめてイタリアのヌーヴォーを
飲みました、個人的にはイタリアのヌーヴォーが
美味しかった かな。
by noisette7 | 2011-11-17 21:51 | ワイン | Comments(2)

チキンとボイル野菜とガーリックマヨ

毎日の食事で野菜が少し足りないなと
思う時に作ります。
ボイルしたり、焼いた野菜にマヨネーズベースや
しょうゆベースのソースを添えるメニュー
結構多いです。

d0253553_13401261.jpg

<Resipe>
        チキンとボイル野菜とガーリックマヨ

(材料)4人分
鶏肉(モモ)  1枚
レンコン  10cm
ジャガイモ  2個
ニンジン(大) 1本
いんげん  16本
パプリカ(赤・黄)  各1個

(ガーリックマヨ)
にんにく  1かけ
マヨネーズ  大3
オリーブオイル  大2
バジル  10枚
塩・こしょう  少々

(作り方)
1.鶏肉は余分な脂とスジを取り除き、厚さを均等にして塩・こしょうをして
  フライパン又はグリルパンでこんがり焼き、そぎ切りにする。
2.ジャガイモ・人参・いんげん・ブロッコリーはそれぞれ食べやすい大きさに
  カットして塩茹でする。 
3.レンコンは、皮をむき、5mmほどにカットして酢水につけて灰汁を抜き茹でる。
4.パプリカは、グリルで焦げ目がつくまで焼き、皮をむいてカットする。
5.バジルは、細かいみじん切りにし、すりおろしたニンニク・マヨネーズ
  オイルと共に混ぜ合わせ、塩コショウで味を調える。
6.お皿に野菜と鶏肉を盛り付けソースを添える。
 
  野菜は茹ですぎず、歯ごたえが残るくらいが美味しいです。
  お肉も添えましたが、色々な野菜をたくさんそろえるとカラフルで
  楽しいですよ。   
  ガーリックマヨはの分量はそれぞれお好みの量にアレンジして下さい。 

オーバルのプレート なんとなく盛ってもきれいに見えます。
by noisette7 | 2011-11-13 13:46 | フード | Comments(2)

ひとあしお先にイタリアンヌ―ボー

もうじきボジョレヌーボーの解禁です。

少し前になりますが、星が丘comerさんのワインセミナー
今月は、NOVELLOパーティー
ワイン一人1本!とグラスがずらーり並びます。
d0253553_1875887.jpg

ワインはRubecolo  Novello Salento IGT 2011
イタリアのヌーボーははじめて飲みました。
きれいなルビーのような鮮やかな赤色で美味しい!

今日は先生のいつもの講義はなく本日のワインの説明のみ
今までの復習も含めたクイズ大会がありましたが
毎回メモはしっかりとるのに、酔っているせいか覚えていない。
でも、楽しいからいいのです。


いつもの野菜たっぷりの前菜
d0253553_18181998.jpg


メインは北海道産の鴨(スノーホワイトチェリバリー)
チーズを作るときに出るホエーを飼料にしているそうです。
臭味もなく柔らかく美味しい!!
d0253553_1823262.jpg

このボリューム すごいです。

飲みきれないワインはちゃんとコルクをして貰って
お土産に。

この予算でこの内容、ほんとにいつもありがとうございます。
by noisette7 | 2011-11-11 18:28 | ワイン | Comments(2)

おやつは鬼まんじゅう

さつまいもがおいしい季節です。

小麦粉とさつまいものシンプルなお菓子、鬼まんじゅう
名古屋では覚王山の梅花堂さんが有名です。

ちょっと寒くなってきたこの季節に
蒸し器から立ちのぼる湯気を眺めるキッチンは
穏やかでいい感じです。
d0253553_1249124.jpg


いつもさつまいもを多めに入れ過ぎて
生地が少ない鬼まんじゅうです。

<Resipe>
         鬼まんじゅう
(材料)
さつまいも(正味)  600g
砂糖  130g
小麦粉  150g
白玉粉  15hg
牛乳  大1.5~2
(作り方)
1.さつまいもは皮を剥き、1.5cm角にカットして30分程水にさらす。
2.さつまいもの水気を切り、砂糖をまぶして水分が出るまで1時間ほど置く。
3.水分がでたさつまいもに小麦粉・白玉粉・牛乳を混ぜ、小分けにし
  クッキングシートを敷いた蒸し器で強火で約30分蒸す。

*使用する砂糖はお好みの物を。今回は三温糖を使ってます、少し色が付きますが。

鬼まんじゅうとコーヒー
d0253553_13125547.jpg


シルバーとプラチナの釉薬のカップは
陶芸家 宮部友宏さんの物  贅沢なカップです。
by noisette7 | 2011-11-09 13:25 | 器と料理 | Comments(2)

酒蔵で聴くクラシック

金虎酒造・酒蔵で聴く
  ちょっと愉快な酒造コンサート


昨晩は、お友達に誘われて
名古屋市北区にある金虎酒造で行われた酒蔵コンサートへ

酒造コンサートは2001年から
今回が21回目だそうです。
毎年春には木管五重奏、秋には金管五重奏のコンサートが
行われます。
d0253553_1622119.jpg



まずはビールを一杯。
そしてコンサートのプログラムは
1曲目がアンコール?とすでに楽しい趣向

歌劇トゥ―ランドットから「誰もねてはならぬ」
そしてビートルズの「ミシェル」等全8曲プラスアンコール


とにかく楽しいMCを担当された
トランペット奏者の武内安幸さん
この方はドイツの小都市バイロイトで行われる
10年以上も待たないとチケットが手に入らないという
バイロイト音楽祭のトランペット奏者
すごい方なのです!!

この酒樽をバックに演奏
d0253553_22351818.jpg


演奏の写真は残念ながらないのですが
お酒も入って心地よいひと時


演奏が終わると
金虎酒造の日本酒と共に宴会
d0253553_2249790.jpg


コンサート会場の緊張感の中で聴くクラシックもいいですが
「初しぼり」「新酒しぼりたて」をバックに
楽しいトークと共に聴くクラシックは優しくて
気持ちいい感じです。
d0253553_22552536.jpg


来年の春も
木管五重奏 聴きに行きたいと思います。
by noisette7 | 2011-11-07 23:08 | その他 | Comments(2)

豚肉のリエット

随分前に料理教室で作ったことがあるリエット
美容院で見ていた雑誌に載っていて美味しそうだったので
久しぶりに作ってみました。
豚バラの塊ではなく、ロースの細切れで。

レシピは
プロレシピブログ
「艸souの作り方」さんの工程を参考に
こちらは、プロの方なのでバラ塊を使用。

お肉は薄くても柔らかくなる時間はあまり変わらないです。
思いつきで作ったので味はそこそこ
豚肉の脂は良質な物は甘味があって美味しいから
美味しい豚肉を選ぶのが大切ですね。

次回はお肉・香味野菜・スパイスも吟味して
作ってみます。

カリッと焼いたバゲットにのせて、残っていた
マッシュルームとミニトマトのマリネをトッピングしてみたら
なかなかいいお味!
d0253553_9152940.jpg


熱湯消毒をした空きビンに詰めて
空気に触れないように脂でフタをしたら
冷蔵庫で保存。しばらく楽しめます。
d0253553_919572.jpg


大好きな豚の角煮をミキサーにかけたら・・・
甘辛リエットできるかな~
by noisette7 | 2011-11-01 09:24 | フード | Comments(4)