ブログトップ | ログイン

le beurre noisette

noisette5.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

秋の味覚  栗の渋皮煮

仕事帰りの食料品売り場で
栗を買いました、渋皮煮を作るために。
愛媛産とありましたが、かなり大きな栗
d0253553_13494521.jpg

大きな物は一粒50g
こんなに大粒な栗ははじめて。

渋皮煮は単純な作業ですが、時間と手間がかかります。
母がよく作ってくれたので、私もその作り方で。
お砂糖は上白糖は甘すぎるので三温糖とビート糖を使います。

ラム酒を少し加えるとさらに美味しい。

d0253553_16592898.jpg



カフェオレと一緒に
d0253553_140070.jpg

お饅頭一個くらいボリュームありました。




栗をのせたお皿は、三浦千穂さんのお皿
黒の釉薬に銀彩やドット柄がカワイイです。
カップは高田志保さんの墨貫入のカップ
陶器のクロスは、陶芸教室の生徒さんのバザーで
d0253553_14223745.jpg

by noisette7 | 2011-09-29 14:28 | フード | Comments(4)

<お土産>

少し前になりますが
京都のお土産をいただきました。
京都 宝泉堂さんの
しぼり豆 黒大寿
上品でやさしい甘さのお豆でした。とっても美味しい!
今度京都に行ったら絶対買ってきます。 

d0253553_13142340.jpg


このお豆と一緒に赤ワイン飲んでみました。
ダブルポリフェノール!!
すごく合うのですこれはマリア―ジュです。
 
黒豆でソースを作ってお肉と合わせればおいしいかも。

いっしょにいただいた祇園原了郭の黒七味
これもまた美味。 風味が他の物とはちがいます。
塩をして皮をパリッと焼いた鶏モモ肉にかければ
きっと美味しい。

ごちそうさまでした。


そして、北海道一人旅に出ていた主人のお土産
d0253553_1338327.jpg

ミルクとバターの風味が
とっても美味しいクッキーでした。
by noisette7 | 2011-09-29 13:46 | フード | Comments(0)

無印でアランチーニ

アランチーニとはライスコロッケのこと
イタリア語で小さなオレンジの意味で
シチリアやナポリの名物です。
中にとろけるモツァレラを詰めれば小さくても
濃厚でボリュームのある一品に

無印で・・とは、無印良品のレトルトは
そのまま温めたり、アレンジして時々使います。
最近カレーのバリエーションも増え色々買ってみたくなります。

今回はフリーズドライのミネストローネを使って
アランチーニを作りました。  
d0253553_15131131.jpg


<Recipe>
        アランチーニ

(材料)約10個分
ご飯 1.5杯分
ミニトマト 3個
ニンニク 1かけ
玉ねぎ 1/4個
無印・フリーズドライミネストローネ 1袋
モツァレラ 適量
バジルの葉 10枚
ブラックオリーブ 3~5個
塩・こしょう

卵 1個
小麦粉 適量
パン粉 適量
サラダオイル 適量
 
(フレッシュトマトソース)
ミニトマト 5個
ニンニク 1かけ
バジルの葉 10枚
オリーブオイル 適量
塩・こしょう
(作り方)
1.鍋に150ccの水を入れ、ごはんとフリーズドライのミネストローネを加え
  沸騰したら火を弱め少し煮る。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたニンニクを炒め、
  香りがしてきたらみじん切りにした玉ねぎ・粗みじんにカットしたトマトを
  加えトマトがとろっとしてきたら1に加えて混ぜ、塩こしょうで味を調え
  程よく水分を飛ばし冷ます。
3.10等分にし、中に1粒を半分に切ったオリーブ・1.5cm角のモツァレラ
  バジルの葉を包み丸める。
4.小麦粉・溶き卵・パン粉の順に衣をつけ160~180℃の油で揚げる。 

 *塩・こしょうは味をみながら加減してください、ブラックオリーブはお好みで
  パン粉は細かいものをおすすめします、きれいな丸になります。
 
  揚げたてはチーズがとろっとして美味しいです。
 


フレッシュトマトソースの上に盛ってバジルをトッピングすれば
ちょっとしたおもてなしの一品に。 
d0253553_15544742.jpg
  

このフリーズドライ、ごはんと合わせて即席トマトリゾット、チーズをのせて
オーブンで焼いてドリア風にと色々アレンジできます。
by noisette7 | 2011-09-25 16:08 | Recipe | Comments(2)

天気のいい日の過ごし方

台風も過ぎ、やっと気持ちのいい季節になりました。
澄んだ空、気持ちのいい風こんな日は窓辺でいろいろ

春から大活躍したミント、枯れてしまった時のために
少しずつ切って別の場所に増やしてます
本家のミントはかなり硬くなってしまいましたが
分家は柔らかくていい香り
茎ごとポットに入れてミントティーに
d0253553_21343022.jpg


音楽を聴いたり雑誌を読んだり
d0253553_22564865.jpg


そうしているうちに夕方になって ちょっとまだ明るいけど
d0253553_2323318.jpg


ワインとグリルポーク
豚肩ロースを厚めに切り、グリルパンで焼いて
塩とブラックペッパーでシンプルにいただきます。
岐阜県産のマイタケもオリーブオイルをし少しかけて
焼きます。
d0253553_237465.jpg

そして自家製柚子胡椒をつけて
この柚子胡椒は、ほ助ちゃんのブログをきっかけに
はじめて作ってみました。
美味しい。柚子の風味が市販の物とは違います。

行楽の季節ですが、家でのんびりこんな過ごし方も好きです。
by noisette7 | 2011-09-23 23:24 | フード | Comments(2)

新物

季節が変わる頃にスーパーで見かける表示
「新物」
今日は、美味しそうな筋子を見つけたので
しょうゆ漬けでいくら丼。

筋子は塩を溶かしたぬるま湯で身をほぐし、薄皮など
きれいに洗って水を切り、しょうゆ・酒・みりんを合わせて
アルコールを飛ばしたタレに漬ける。
私は2:2:1で漬けます、食べるときに少しおしょうゆをたします。
作りたては新鮮で美味しい!

いつもご飯は白飯でしたが、今日はほ助ちゃんのブログで
紹介されてた酢橘の絞り汁と三つ葉のまぜご飯にのせました。
本当に!美味しい
こんな組み合わせがあったんですね!知らなかった。
教えてくれてありがとう!

d0253553_1841817.jpg

サーモンもおまけで。

偶然ですが、主人も北海道できっとこれ食べると思います
決して対抗しているわけではないのです。

そして一献
d0253553_18442169.jpg




一緒に買った新しょうがは味噌漬けに
このままかじって食べてもいいし、スライスしてごはんのお共に。
d0253553_18492931.jpg

by noisette7 | 2011-09-20 18:59 | フード | Comments(4)

赤ワインと一緒に

無花果の季節になりました。
好きなパンに無花果とゴルゴンゾーラをのせて
ブラックペッパーをふってトースト

赤ワインと相性抜群
簡単、でも複雑な味
d0253553_2142620.jpg


昨日から主人がバイクで北海道一人旅に出かけました
「風になりたい」 ライダーはみんなそう思うのでしょうか

電車や車とは違う旅のかたち
私はやっぱり運転手着きの車がいいな。
by noisette7 | 2011-09-18 21:48 | フード | Comments(4)

美濃の器

9月16日から多治見のセラミックパークMINOで行われている
国際陶磁器フェスティバル美濃'11
今日は国際陶磁器展美濃と
美濃焼盛り付けコンテスト ー器季会快ー を見に多治見へ

プロの料理人 山神温泉の日比野洋示さんの盛り付けライブもあり
コンテスト参加の方たちの盛り付けも器を生かした工夫が
されていました。

写真はプロの方の先付、秋のあしらいを添えて
和食は季節を感じる盛り付け大切ですね。
d0253553_2131581.jpg


そして国際陶磁器展美濃の会場へ
国内外から沢山の作品が展示されていました。
今年のグランプリは、駒井正人さん 黒と白の茶器のセット4つの展開でした
斬新な作品がある中、日常に使われる茶器がグランプリで
ほっとする反面、繊細で凛としてずっと見ていたい器でした。

展示されてる作品は、私にもわかるもの、私の乏しい感性ではわかりにくいものなど
ありました。 でも普段の生活の中では出会えない刺激をもらった気がします。

帰りは多治見のギャラリー 陶林春窯さんへ

d0253553_2122183.jpg

あっこれ と思ったら知らないうちに手に取ってました(ちゃんとお金払ってます)
かたちも質感も好きです。
d0253553_21261969.jpg

器を買った日は、たった1枚でも、小さな器でも家に帰って
包みを開ける時ワクワクします。

秋はいろんなところに楽しいことがいっぱい!です。
by noisette7 | 2011-09-18 21:37 | | Comments(4)

気分はバル

最近ではポピュラーになったピンチョス
スペイン語で 串を刺すの意味。色々な組み合わせが楽しめ
パーティー料理に最適です。

そんなスペイン料理に興味を持ち、数年前に買った本たち
うっとりするようなフードスタイリングの数々、高度な料理の技術は
真似できないけど、仕事の時など盛り付けの参考になります。
d0253553_1537620.jpg


最近は「家庭で作れるスペイン料理」 この本で
タパスを作ってワインを楽しみます、何種類か作れば気分はバル!です。
スペインではバルをはしごするらしいです☆  なんて楽しそうなんでしょう!!!

今日は三越のワールドワインフェア で飲み比べ12本セットを購入
スペインのワインもあるので「海老のアヒーリョ」を作りました。

ほんとは、カスエラという直火にかけられる素焼きの器で作るのですが
今日は小鍋で作ってミニグラタン皿に盛りました。
d0253553_1549239.jpg

海老のアヒーリョ

容器に殻と背ワタを取った海老・唐辛子・にんにくのスライスと海老がつかるくらいの
オリーブオイルを加え弱火でゆっくりと煮る。仕上げに塩とイタリアンパセリを加える。
今日はしいたけも一緒に煮てみました。
オイルはパンに付けていただきます。

もう一品 オリーブのオイル漬け
d0253553_1611556.jpg

漬けるオリーブの量により、ワインビネガーとオリーブオイルを1:4の割合で
合わせる。つぶしたニンニク・玉ねぎのみじん切り・パプリカパウダー・ドライの
タイムと共にオリーブ(ビン詰め)を保存ビンんに詰める。3日ほどで味がなじみます。
ブラックオリーブとグリーンオリーブを好みで合わせる
真ん中の赤い物は、レンジで作った半ドライトマト
(凝縮したトマトの甘味がアクセントになります)

最近夏バテ気味で、めずらしくお酒が飲みたくない日々でしたが
復活したので今日はスペインワインをいただきます!
by noisette7 | 2011-09-15 16:37 | フード | Comments(4)

海老マヨ+ゆでたまご

オイスターソースを加えて作る海老マヨ
濃厚な味でご飯がすすみます。
d0253553_16224592.jpg

<Recipe>
         海老マヨ
(材料)2人分
海老(ブラックタイガーなど)     8尾
ニンニク(みじん切り)         小1
しょうが(みじん切り)         小1
あさつき                適量 
マヨネーズ               大2
オイスターソース            大1
豆板醤                 小1
塩                    少々
泡盛                   大1   
(作り方)
1.海老は殻をむき、塩・片栗粉でよくもみ、水洗いして、縦に半分に切り背ワタも
  取り、塩・泡盛をふりかけておく。(小さめの海老の時はは背側に縦に切れ目を入れる)
2.フライパンに油を熱し、しょうが・にんにくのみじん切り・豆板醤を加え香りが
  してきたら海老を入れ色つくまで炒める。
3.海老に火が通ったら、マヨネーズ・オイスターソースを加えまんべんなくソースを
  からめる。
4.器に盛り、小口切りにしたあさつきを散らす。  

*海老は、塩と片栗粉でもみ洗いすると独特の臭みがとれます。

この海老マヨを使ってもう一品
半分にカットしたゆで玉子の上にソースと海老をのせあさつきを散らす(ソース多めで)
          
d0253553_16491186.jpg

たまたまあったゆで玉子にお皿に残ったソースをつけて食べたら美味しかったので。

海老の旨味のつまったソースは海老をのせなくてもソースだけでも美味しいです。
ゆで玉子は、半熟でも固ゆででもお好みで。
d0253553_16541593.jpg

                  
by noisette7 | 2011-09-11 17:11 | フード | Comments(2)

重陽の節句

今日 9月9日は重陽の節句
旧暦では菊の花が咲く頃でもあるので菊の節句とも呼ばれています。
ほかの節句に比べるとあまり馴染がないですが、最近はいつまでも
若くありたいというアンチエイジングを願う日とも言われ、大人の
女性の節句とも言われているようです。


コーディネートに菊のモチーフを取り入れて
d0253553_21333816.jpg

お料理は菊花のお浸し
菊の花びらを浮かべた菊花酒と共に




先日のバターナッツのスープ
冷たく冷やすと甘さが引き立つので
前菜に
食後のデザートの代わりに
ショットグラスに入れて、パンプキンシードを添えて
d0253553_21423730.jpg

by noisette7 | 2011-09-09 21:46 | コーディネート | Comments(4)