ブログトップ | ログイン

le beurre noisette

noisette5.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

秋色の花

月に一度お花を習ってます。
今月はお休みなので以前のアレンジ
まだ少し早いですが、秋色のマム
d0253553_17482422.jpg

同じ3つの花器にアレンジして線でつないでます。


d0253553_1832089.jpg

毎回花器に合わせたアレンジを教えてくれます、家にある花器を持って行くことも
あるのですが、それを見て先生はパッとアレンジがひらめく!  さすがです。
セレクトしてくれるお花もいつも素敵です。
by noisette7 | 2011-08-30 18:26 | フラワーアレンジ | Comments(0)

じゃこ山椒

春に作った山椒の醤油漬けでじゃこ山椒をつくりました
山椒の醤油漬けは、作っておくとお魚を煮たり、ウナギのタレを作ったりと
便利に使えます。
d0253553_165295.jpg

山椒は出始めの柔らかい物を用意して、茹でた後ゆっくり水で冷やして水気を切り
煮沸消毒をした空きビンに淡口醤油と共に漬ける。
1週間したら、淡口醤油を新しい物に取り換えて冷蔵庫で保存。
この醤油漬けとじゃこ・淡口醤油・みりん・酒でお好みに味付けすると
自家製じゃこ山椒ができます。

玉ねぎのかたちの器は高田かえさんの作品
蓋をかぶせるとこんな形   ふた物はあける時の期待感がいいですよね
d0253553_17221346.jpg


じゃこ山椒ごはん・一口サイズで、秋のお出かけのお弁当やお酒の後の〆に!
横山拓也さんの粉引のうつわで
d0253553_17265338.jpg

d0253553_17291042.jpg

                     ごちそうさまでした
by noisette7 | 2011-08-28 17:41 | | Comments(2)

ブラックオリーブパスタソース

ブラックオリーブを使ってパスタソース
d0253553_16573226.jpg

<Recipe>
        ブラックオリーブソース
(材料)
ブラックオリーブ(種抜)       1缶(170g)
玉ねぎ(みじん切り)         1/2個
ニンニク                2かけ
アンチョビペースト           大2
塩・こしょう               適量
オリーブオイル            50cc 
(作り方)
1.オリーブは缶から出してさっと洗い水気を切りフードプロセッサーで細かくカットする。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎ・にんにくを炒め玉ねぎが透明になったら
  アンチョビペーストを 加え混ぜる。
3.ボールにすべてを合わせオリーブオイルを加え塩・こしょうで味を調える。

このソースを使ってお好みのパスタと一緒に、今日はディチェコのリングイネ・ピッコロと。
オリーブをいくつか残し、半分にカットしてトッピングにしてもいいですね。
d0253553_17112725.jpg


たくさんできたので、アレンジもいろいろ。
パンにオリーブソースとチーズを乗せてトーストに
美味しい!

d0253553_17172082.jpg

トマトソースにトッピングしたり、バケットに乗せて赤ワインとなど
しばらくは楽しめます。
by noisette7 | 2011-08-26 17:22 | フード | Comments(2)

トマトと牛肉のラグー

ラグーとは、煮込み料理のこと
家族のリクエストの多いこの料理、豚肉や牛肉で作ります。
お肉をミンチにするとパスタのラグーソースになります。
我が家では大きめのお肉のままペンネを添えます。
d0253553_17405553.jpg

ひよこ豆とニンジンも一緒に煮込んで
d0253553_17432577.jpg


塊のお肉を大きめに切り、フライパンで表面を焼いて、ニンニク・玉ねぎ・セロリの葉
と共に炒め、赤ワイン・トマト水煮缶・コンソメ・塩・胡椒を加えて煮ます。
ブラックペッパーやベイリーフも一緒に、しょうゆも少し。
仕上げにドライのオレガノ・ナツメグも。
みんな一緒に煮込んだだけですが
美味しくなるのは、STAUBのおかげ。煮込み料理はやっぱりこのお鍋。
by noisette7 | 2011-08-21 18:01 | フード | Comments(4)

ゆず茶のソーダ割り

ゆず茶はいつもホットで飲んでいましたが、今年の夏、ゆず茶はソーダ割りも
美味しい!と聞いて試してみたら見た目もきれい、そして美味しい。
ここにウォッカなど入れたら・・・きっとおいしい。
ミントなどを添えるのもいいけど、青ゆずを添えるといい香りです。
おもてなしの時は、グラスの上でゆずを少し絞って香りと共にサービス。
d0253553_17303618.jpg

今日は雨も降っていて涼しいですが、まだまだ残暑もきびしそう
そんな日にぜひ。
by noisette7 | 2011-08-21 17:34 | フード | Comments(0)

マーチソン・ヒューム

雑誌で見かけたシンプルボトル
オーストラリア生まれのハウスクリーニング用品
「マーチソン・ヒューム」
植物由来の原料で環境や身体に優しく、暮らしもおしゃれにというコンセプト
キッチン・インテリア周り用などいくつかある種類の中から
2つ購入。
d0253553_16422878.jpg

フードセーフスプレー・テーブルやキッチン周りに
ファニチャースプリッツア・家具、布、革張りソファーのクリーナー
天然アロマのホワイトグレープフルーツの香りが爽やかで気持ちいい!
茶色のガラス瓶に見えてプラスチック。
このボトルならリビングに置いてあってもおしゃれです。
価格は決して安いとは思えないけど、気持ちよく暮らすために
しばらく使ってみることにします。
麻のトートバッグに入ったギフト用もあり、こんなプレゼントも喜ばれるかも。
by noisette7 | 2011-08-19 16:39 | Comments(2)

タイの食材

今年の夏の初めに食べたタイのサラダ  ラープ・ガイ
レモングラスやミントの香りが爽やかな鶏肉のミンチのサラダです。
立秋も過ぎ、夏も終わりに近づきましたが、まだまだ暑いこの時期に美味しいです。
お店ではざっくり切ったキャベツと一緒に食べます。

d0253553_160683.jpg

レタスにのせて
d0253553_164260.jpg

紫キャベツと一緒に

<Recipe> 
       ラープ・ガイ
(材料) 4人分 
 鶏ひき肉(モモ)     150g
 紫玉ねぎ         1/2個
 春菜            2株
 万能ねぎ         5本
 ピーナッツ        10個程
 ニンニク(みじん切り)  少々 
 ナンプラー         大2
 ライムの絞り汁     1個分
 砂糖            少々
 酒             大1  
 水             大2 
 スープ(顆粒)       少々 
 レモングラス・ミント(フレッシュ) 適量
 唐辛子(輪切り)     適量
 レタスまたはキャベツ  適量

 (作り方)
 1.紫玉ねぎは、厚めにスライスして水に15分程さらして水気を切る。
 2.万能ねぎは小口切りに、春菜は1.5cm程にピーナッツは細かく刻む。
 3.鍋に水・酒・スープ・にんにくを入れ、沸騰したら鶏ひき肉を加えほぐしながら火を通し
   冷ます。
 4.ライムを絞り砂糖・ナンプラーを加え、唐辛子を加える。
 5.ボールにすべてを混ぜ合わせ、カットしたミントの葉・細かい輪切りにしたレモングラス
   を加える。
   レタスまたはキャベツを添える。
レモングラスのフレッシュがない場合は、ミントだけでも味のアクセントになります。

タイ料理の食材や調味料、アレンジして使うと料理のレパートリーも増えます!
d0253553_16541029.jpg

細長いのがレモングラス

暖かい国の料理は身体を冷やします。そろそろ
夏の間冷たい物を摂り過ぎて弱っている身体に早めにカボチャなどの料理もお勧めです。
by noisette7 | 2011-08-16 17:21 | フード | Comments(0)

男子食堂

春から東京でひとり暮らしをはじめた長男に3冊目の料理本
電子レンジの料理は好きじゃない!って言うけど、メニューのヒントはいっぱい載ってるよ
いつか手料理食べさせて下さい。
d0253553_15441721.jpg

by noisette7 | 2011-08-16 15:45 | Comments(0)

comerのワインスクール

星が丘テラスのcomerで行われているワインスクールに参加してきました。
今回で3回目 講師はソムリエの大江先生、毎回巧みな話術と共に楽しくそして
わかりやすくワインの事を教えてくれます。

今回はフランス・アルゼンチン・スペインの白と赤を5種類
アロマとブーケの話、一般には肉には赤と言われているけど日本の肉には白が
合う、などなど。ワインはかなり好きですが味の表現が乏しい私は、このスクールが
終了する頃には、スマートに味の表現ができるようになりたいです。

そしていつもの美味しいお料理は
d0253553_1736668.jpg

なすとしし唐、玉白茸のグリル 6年熟成のバルサミコ酢で
信州サーモン・自家製タルタルソース
カンパーニュとケージョ・コアリョ(BBQチーズ)のソテー
玉白茸は南信州の2件の農家でしか作られていないそうです。信州サーモンも以前雑誌で
信州・安曇で養殖されている記事をみて食べてみたいと思っていたもの
ポルトガルのチーズ ケージョ・コアリョは、吉良町のイタリア人の方が営むお店の物
南信州出身の私は、美味しいとともに胸にしみるお料理でした。
d0253553_17435361.jpg

インカのめざめのマッシュポテト
エゾ鹿のバラ肉をタレに漬け込み焼いたもの(この時期にジビエ!贅沢)
d0253553_17462786.jpg

シフォンケーキ・生クリームとトマトのジャム
ミニトマトのジャムがすごく美味しい!
comerさんのワインスクールは、ソムリエの大江先生のセレクトしたワインに
お店で取り扱う産地や栽培方法・味にこだわる食材を使ったお料理が楽しめます。

今回教えてもらった、ピノ・グリはサシの入った肉に合う!今度試してみます。

3回目のこの日、偶然にも懐かしい方にも再会でき、皆さんとっても楽しくて、美味しく
ワインが飲めました。
次回もたのしみ!
by noisette7 | 2011-08-12 18:07 | ワイン | Comments(0)

自家製 ほうじ茶

頂き物の昨年の新茶
もったいないですが、風味も味も落ちてしまったので
フライパンで炒ってほうじ茶に。
香ばしい香りに癒されます。
d0253553_16191114.jpg

毎日冷たいものばかりなので、温かいお茶はほっとします。
お味は、  まろやか・・ではない。
キリッときつい味。  やっぱり緑茶でのんでよね!!
と言われてるみたい。
甘いお菓子と一緒だとさっぱりと美味しくいただけます。
d0253553_16233546.jpg

今年の新茶、早く飲まなくては!
by noisette7 | 2011-08-10 16:33 | フード | Comments(4)