ブログトップ | ログイン

le beurre noisette

noisette5.exblog.jp

カテゴリ:器( 10 )

器の事

陶芸作家宮部友宏さんの個展にて
岐阜アクティブG(ワンオーバーエフ)

銀彩のプレートとガラス瓶
d0253553_021574.jpg

プラチナの釉薬が入っていたガラス瓶を窯で焼いたもの
いくつかある中から迷いながら決めた一つ。

d0253553_043483.jpg

シルバーのプレートは、リムとの境界のラインが
なんだか好きです。
料理はもちろん、色々アレンジ楽しめる器です。

個展の期間中、色々迷い 欲しい物を絞っていく
仕事をしながらそんなことばかり考えてます。

たぶん、器好きに終わりはないのですね。
by noisette7 | 2016-01-16 10:00 | | Comments(0)

水玉模様の小皿たち

自分の持ち物をみてみると
以外に多い 水玉模様。

器も
ドットの大きさは色々だけど
もうずいぶん前に買った白い釉薬の小皿と
先日の高田かえさんの個展で見つけた
朱色のドットがカワイイ小皿。

見ているだけでもカワイイのです。
d0253553_1529878.jpg

by noisette7 | 2014-10-17 15:29 | | Comments(0)

いつもの器と新しい器

今年もあとわずか
拙いブログを読んでいただきありがとうございました。

お節の準備も終わり
あとはゆっくり新しい年を迎えます。
お正月のテーブルも年々簡単になってます

今年は、白木の小さめの角膳にいつものお皿
新しく仲間入りした宮部友宏さんの赤の模様のお皿と
一柳さんの白のプレート
三浦千穂さんの豆皿でお節をいただきます。
d0253553_1711112.jpg


d0253553_177093.jpg


今年は祝い箸袋をちょっとカワイイのを
用意しました。

あっという間の2013年でしたが
とても楽しい一年でした。

来年も健康で、良い年になりますように。
by noisette7 | 2013-12-31 17:08 | | Comments(0)

ネイビーのプレート

先日のナゴヤドームのイベント
イケヤンのブースにて、たぶん2・3分で購入を決めたプレート
ネイビーのオーバルプレート。

色・質感・デザインすべてがツボのプレートでした。
陶芸作家 宮木英至さんの作品

五色のニンジンを盛って
d0253553_20583020.jpg

このニンジンは五色のキャロットラぺを作る予定

桃カブははじめて聞く名前
色も鮮やかなワイン色、食感も柔らかく美味しい蕪です。
d0253553_2103730.jpg


この秋は、仕事先での個展などもあり
たくさんの素敵な器に出会えた秋でした。
by noisette7 | 2013-12-01 10:34 | | Comments(0)

そうめんの季節

梅雨が明けて本格的な夏になると
やっぱりそうめんを食べることが多くなります。

茹で上りを冷水で洗いざるにとることもありますが
ほとんどは大鉢に氷とお水を張り麺をすくって食べます。
そんな時のあしらいに「もみじ」 

観賞用ではなく料理のあしらいに使いたいので
盆栽のもみじですが、どんどん大きくしています。
今年はもう1本購入、できれば竹もと思いますが
マンションのベランダはちょっと無理かな。

もみじが一枝はいるだけで涼の演出。
d0253553_1782121.jpg


d0253553_17101425.jpg


もう1か月前になりますが、松本のクラフトフェアで
購入した器、今年は色がある器に目がいきました。

あしらいに使った後のもみじは
京都の作家さんのターコイズブルーの平鉢に

d0253553_17133468.jpg


苦手な夏、少しでも涼しく暮すために
インテリア小物もブルーの物に変えて
夏の準備。
by noisette7 | 2012-06-24 17:21 | | Comments(0)

桜のタンブラーとお菓子の会

街の中のいたるところで桜が咲き始めました。
この時期、車での移動は色々な所の桜を見るのが
楽しみです。

先日の東京ドームでの
テーブルウェアーフェスティバルで見つけた
有田製陶さんのペストルタンブラー
少し前に届きました。
d0253553_22233319.jpg


ソメイヨシノと八重桜のピンク
この季節にピッタリです。


そして
毎月楽しみにしている
パティシエ 山本樹奈さんのお菓子の会
今月のテーマは「桜」
桜のスコーン
桜のクッキー
ウォーターチョコレートケーキ
d0253553_22275714.jpg


ほんのり桜の風味の桜のクッキ―は
八重桜のカップでコーヒーと一緒にいただきます。
d0253553_22282080.jpg



ベランダ越しに見える桜を見ながら
このカップで美味しい日本酒も飲んでみなくては。
by noisette7 | 2012-04-05 22:37 | | Comments(0)

素敵なイベントで出会った器

瑞穂区にある岳見町ぎゃらりぃで行われたイベント
「結々~和で結ばれる~絵と器と食と音」

絵はデザイン工房ミドリ主宰の服部ミドリさん
器は陶芸作家中村崇心さん
食は懐石風出張料理の池田美香子さん
音は満月紙芝居劇場主宰の伊藤今日子さん

少しだけ春を感じるお庭を眺めながら
粋で個性的な絵に囲まれ
素敵な器に盛り付けられた心のこもった料理を
いただき、初めて目の前で聴く津軽三味線と語りに
ジンとくる。素敵な空間ででした。

d0253553_21374438.jpg

ぎゃらりいの玄関には赤の椿一輪


d0253553_21392282.jpg

一つ一つとても丁寧に作られたお料理
料理人池田さんの作るお料理はゆっくり
味をかみしめながら楽しみたい料理です。
春を感じました。


ぎゃらりいに置かれた中村さんの器たち

d0253553_21461138.jpg

貫入の入った温かみのある花器
d0253553_2148956.jpg

お料理が盛られているときには気がつかなかったけど
遊び心のある織部のお皿
d0253553_21494241.jpg

貫入に赤の文様が描かれた湯飲み

優しくてシンプルな器と個性的な器
どちらもとても興味深い器たちでした。

イベントの案内には「春の訪れを感じながら、少しだけ
五感を潤していただけたら幸いです」と書かれていました。
アーティストさん、作家さんたちのそれぞれの作品と
空間で充分五感を潤すことができたと思います。


岳見町は普段通っている道路を1本中に入った所
今まで知らなかった場所です
ギャラリーの隣にはカフェも併設されています
コーヒーを飲みながら季節の庭を眺めるのもいいですね。
by noisette7 | 2012-03-09 22:17 | | Comments(2)

焼き菓子とツバメのマグ

楽しみにしていたお菓子が届きました。
パティシエ山本樹菜さんのお菓子の会
 L`amitie du Gateau
今月からスタートです
d0253553_22263054.jpg

届いた焼き菓子は
バナナと紅茶のパウンドケーキ
柚子のマドレーヌなど4種
毎月季節ごとのお菓子が届きます
来月のテーマはバレンタイン 楽しみです
d0253553_2234345.jpg

コーヒーと一緒美味しくにいただきました
d0253553_22371224.jpg

ツバメのカップは陶芸作家 松尾摂子さんの作品
飛んでるツバメがかわいいです。
by noisette7 | 2012-01-24 22:45 | | Comments(2)

美濃の器

9月16日から多治見のセラミックパークMINOで行われている
国際陶磁器フェスティバル美濃'11
今日は国際陶磁器展美濃と
美濃焼盛り付けコンテスト ー器季会快ー を見に多治見へ

プロの料理人 山神温泉の日比野洋示さんの盛り付けライブもあり
コンテスト参加の方たちの盛り付けも器を生かした工夫が
されていました。

写真はプロの方の先付、秋のあしらいを添えて
和食は季節を感じる盛り付け大切ですね。
d0253553_2131581.jpg


そして国際陶磁器展美濃の会場へ
国内外から沢山の作品が展示されていました。
今年のグランプリは、駒井正人さん 黒と白の茶器のセット4つの展開でした
斬新な作品がある中、日常に使われる茶器がグランプリで
ほっとする反面、繊細で凛としてずっと見ていたい器でした。

展示されてる作品は、私にもわかるもの、私の乏しい感性ではわかりにくいものなど
ありました。 でも普段の生活の中では出会えない刺激をもらった気がします。

帰りは多治見のギャラリー 陶林春窯さんへ

d0253553_2122183.jpg

あっこれ と思ったら知らないうちに手に取ってました(ちゃんとお金払ってます)
かたちも質感も好きです。
d0253553_21261969.jpg

器を買った日は、たった1枚でも、小さな器でも家に帰って
包みを開ける時ワクワクします。

秋はいろんなところに楽しいことがいっぱい!です。
by noisette7 | 2011-09-18 21:37 | | Comments(4)

じゃこ山椒

春に作った山椒の醤油漬けでじゃこ山椒をつくりました
山椒の醤油漬けは、作っておくとお魚を煮たり、ウナギのタレを作ったりと
便利に使えます。
d0253553_165295.jpg

山椒は出始めの柔らかい物を用意して、茹でた後ゆっくり水で冷やして水気を切り
煮沸消毒をした空きビンに淡口醤油と共に漬ける。
1週間したら、淡口醤油を新しい物に取り換えて冷蔵庫で保存。
この醤油漬けとじゃこ・淡口醤油・みりん・酒でお好みに味付けすると
自家製じゃこ山椒ができます。

玉ねぎのかたちの器は高田かえさんの作品
蓋をかぶせるとこんな形   ふた物はあける時の期待感がいいですよね
d0253553_17221346.jpg


じゃこ山椒ごはん・一口サイズで、秋のお出かけのお弁当やお酒の後の〆に!
横山拓也さんの粉引のうつわで
d0253553_17265338.jpg

d0253553_17291042.jpg

                     ごちそうさまでした
by noisette7 | 2011-08-28 17:41 | | Comments(2)