ブログトップ | ログイン

le beurre noisette

noisette5.exblog.jp

カテゴリ:器と料理( 9 )

VISION GLASS でミニパエリア風

あっという間に7月
この梅雨の時期にはなんだか気分もボーっとしがち
楽しいことを見つけてサクサクと動いてないと!

娘の引っ越しのお手伝いのついでに
ちょっと雑貨など見にぶらぶら。

代官山のnook STOREを訪ねました。
毎日通う町のグロサリーストア がテーマ
インポート生活雑貨やオリジナルウェアが揃います。
d0253553_20103738.jpg

衣食住のアイテムがナチュラルな作りの棚にディスプレイされてる
店内は、ゆっくり器や雑貨を見ることができます。

シチリアの枝付きオレガノ見つけました。
枝付のオレガノは普段見かけることがないので
トマト料理の多いこれからの季節使ってみたいハーブです。
d0253553_20163443.jpg


そして、インドの理化学機器メーカーのVISION GLASS
シンプルな形は使いやすそうで、オーブンや直火対応
と聞けば試してみたくなります。
d0253553_20231978.jpg

ごはんも炊ける、ということで
ミニミニパエリア風
d0253553_20234256.jpg

これでマフィン も作ってみたい。

イケアのアウトドアコーナーで購入したクロス
昨年好きだっシャビーシックなプリント
以外に楽しいテーブルができました。
今月の料理教室で使います。
d0253553_20331429.jpg


引っ越しも終わり、ほっと一息
1ヵ月程の娘との生活は、久しぶりに
母らしい感覚を取り戻した楽しい毎日でした。
また、気楽な二人の生活に戻ります。
by noisette7 | 2014-07-06 20:40 | 器と料理 | Comments(0)

5色のニンジンでキャロットラぺ

先日星が丘のコメルさんで見つけた
5色のニンジン
珍しい紫ニンジンは中も紫色で
一番甘味が強いです。
d0253553_18465415.jpg

オリーブオイルとワインビネガー・塩・マスタードで
それぞれ別々にマリネしてキャロットラぺに。
仕事先のガラスの小さな器の撮影に使いました。
d0253553_1850349.jpg

パーティーの時に素敵に見えるカワイイガラスの器でした。
by noisette7 | 2013-12-25 10:00 | 器と料理 | Comments(0)

優しい模様の器

ガラスの向こうの棚にこのお皿を見つけた時は
見たことのない優しい模様に思わず目を惹かれました。

片瀬有美子さんのお皿

マットな仕上げの磁器の質感と
寒色の色合いのグラデーション
どんな料理を盛り付けたら・・・ と想像は膨らみます。
d0253553_10122764.jpg



ちょうどリコッタチーズの試作をしていたので
できあがったチーズをのせてみました
白い器に白い食材、同化してしまいそうだけど
重なる白が綺麗です。
d0253553_951426.jpg


沸かした牛乳にレモンや酢を加えて作る
カッテージチーズ・リコッタチーズ・パニール。
中でも水分をしっかり絞ったパニールはスライスして
少し醤油をかけると美味しいのです、あんまりおしゃれな
食べ方ではないですが。

スモークサーモンを盛って
d0253553_101143.jpg

柄のあるお皿は、柄を意識して盛り付けても面白いですが
考えないでざっくり持ってもいい表情になります
片瀬さんの器は、料理が優しく見える器です。
by noisette7 | 2013-05-08 10:13 | 器と料理 | Comments(0)

竹の子と鯛の子

桜の花も散って新緑がきれいな季節になりました。
ベランダから見える緑地の新緑
淡いピンクと萌黄色と春の霞んだ空
濃い緑になるまでのわずかな時間ですが
毎年楽しみにしてます。
d0253553_18361295.jpg


そして、春の山菜も美味しい季節です。
仕事先の岐阜のいつものお店で
「鯛の子」見つけました

春は魚の産卵期にもあたるので
タラの子や鰤の子なども店頭で見かけます。

湯がいてあった竹の子と一緒に
あっさりと煮て木の芽をあしらいに
寿泉窯・安藤さんの結晶釉の器に盛りました。

d0253553_18441814.jpg

鯛の子は切り身を皮が中になるように
ひっくり返すと花が咲いたようにきれいに
煮あがります、が今回はひっくり返すのを
忘れましたが、ふんわりきれいに煮えました。

春の山菜は、冬の間にたまった老廃物を
身体から出してくれる作用があるそうです。

最近は山菜を食べる機会が多いのですが
老廃物は出ているのでしょうか、・・・疑問です。
by noisette7 | 2013-04-09 18:58 | 器と料理 | Comments(0)

かぶのフラン

かぶの美味しい季節です。
優しい味のかぶのフランを作りました。
d0253553_1527023.jpg


<Resipe>
        かぶのフラン
(材料)
かぶ(正味)  300g
バター  10g
固形ブイヨン  1/2個
卵(全卵)  2個
生クリーム  大3
塩  少々
カニの身  適量
(作り方)
1.かぶは皮をむいて4~5等分に切り、バターで炒めひたひたの水と
  固形ブイヨン・塩を加えて柔らかくなるまで煮る。粗熱を取りミキサーで
  ピュレ状にする。
2.卵をよく溶きほぐし、こしてかぶのピュレ・生クリームを加えて混ぜ塩で
  味を調える。
3.2を器に入れ、アルミホイルで蓋をして蒸気の上がっている蒸し器で中火で
  15分程蒸し中心まで火が通っていればできあがり。
4.カニの身・グリーンを添える。

ミキサーでピュレにする時は煮汁の入れ過ぎに注意、生クリームの代わりに
牛乳でも美味しく作れます。 

蒸したてのアツアツは、ほんのり甘いかぶの味が優しいです。


今日は節分
数年前から我が家も「恵方巻き」を食べてます。
今年の恵方は北北西、みんなで恵方を向いて無言で食べる
らしいでのすが、無言で食べるのはむずかしい。笑ってしまいます。

そして豆まきも
福がきますように。
d0253553_15491168.jpg

by noisette7 | 2012-02-03 15:55 | 器と料理 | Comments(0)

リコッタチーズのパンケーキ

世界一の朝食で有名なオーストラリア シドニーの
レストラン"bills"のリコッタチーズ・パンケーキ

メレンゲを加えるので触感はシュワッと口の中で
溶ける感じ。
材料すべてを混ぜた後、かたまりのままの
リコッタチーズをさらに加えて焼くとチーズの味が
濃厚で美味しい。

バナナを添えて、ハニカムバターというものをトッピング
するらしいですが、今日は粉糖とメープルシロップ
とっておきの百花蜜、ナッツをトッピング。

日本ではお台場にお店があるらしいので
いつかスクランブルエッグと一緒に食べてみたい。

陶芸家 宮部友宏さんのマグカップで
コーヒーと一緒におやつの時間。
d0253553_13165821.jpg


昨年の宮部さんの個展で買った
カリグラフィのポットとマグ
優しい色合いのポットです。
d0253553_13215419.jpg


もうずいぶん前に有名になったこのパンケーキですが
いつもの事ですが美容院の雑誌で見つけ
帰りにリコッタチーズを買ってきたという訳。

美容院に行った日はいつもこのパターン
2時間余りの間に料理や盛り付けのヒントは
たくさん見つけられるのです。
by noisette7 | 2012-01-17 13:35 | 器と料理 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

お正月三が日も過ぎ
明日は七草粥の日ですが

お正月は一人暮らしをしている息子も
もどり、久しぶりに4人揃いました。

年末の買い物で見つけた和紙のランチョンマット
ゴールドと半月の和紙の組み合わせで
クロスをかけないテーブルでもシンプルにお正月気分に。

d0253553_1343581.jpg

d0253553_1345928.jpg


今年は陶器のお重におせちを盛り付けました。
柚子やカボス・ミニ小鉢を使う盛り付は
四角いお重の間仕切りを考えなくていいし、目でも
楽しめます。
d0253553_13112661.jpg


毎年、来年はおせちを買おう!と思うのですが
暮れになるとやっぱり作ろうか と思うのです。

子供が離れて暮らすようになると、願うことは
心身ともに健康であって欲しいと思うこと。

今年も元気でよい年に・・します。
by noisette7 | 2012-01-06 13:30 | 器と料理 | Comments(8)

とれたて野菜をおいしく

田舎からたくさんの野菜が届きました。
義父は、定年退職をして田舎に戻ってから
畑で色々な野菜を作って送ってくれます。

今回はさつまいも・ヤーコン・下仁田ネギ
蕪・大根などなど。
d0253553_1793598.jpg


とれたての野菜でいろいろ料理
さつまいもはポタージュに、ヤーコンはきんぴら
蕪は柚子を加えて浅漬け、里芋は甘辛ゴマ和え
大根葉はおかかと醤油でさっと炒めて。
d0253553_171542100.jpg

好きな豆皿に盛り付けて、折敷に並べたら
目にも楽しいごはんになります。

d0253553_17203574.jpg


大根はピーラーでスライスして天気のいい日に2~3日程
干すと少し柔らかい切干大根になります、歯ごたえがあって
きんぴらやサラダに使えます。

食べきれない野菜は干したり、茹でたりして
保存して美味しく頂きます。

d0253553_17283616.jpg


使った和食器は、洗ったらしっかり乾燥させて。
by noisette7 | 2011-12-04 17:49 | 器と料理 | Comments(2)

おやつは鬼まんじゅう

さつまいもがおいしい季節です。

小麦粉とさつまいものシンプルなお菓子、鬼まんじゅう
名古屋では覚王山の梅花堂さんが有名です。

ちょっと寒くなってきたこの季節に
蒸し器から立ちのぼる湯気を眺めるキッチンは
穏やかでいい感じです。
d0253553_1249124.jpg


いつもさつまいもを多めに入れ過ぎて
生地が少ない鬼まんじゅうです。

<Resipe>
         鬼まんじゅう
(材料)
さつまいも(正味)  600g
砂糖  130g
小麦粉  150g
白玉粉  15hg
牛乳  大1.5~2
(作り方)
1.さつまいもは皮を剥き、1.5cm角にカットして30分程水にさらす。
2.さつまいもの水気を切り、砂糖をまぶして水分が出るまで1時間ほど置く。
3.水分がでたさつまいもに小麦粉・白玉粉・牛乳を混ぜ、小分けにし
  クッキングシートを敷いた蒸し器で強火で約30分蒸す。

*使用する砂糖はお好みの物を。今回は三温糖を使ってます、少し色が付きますが。

鬼まんじゅうとコーヒー
d0253553_13125547.jpg


シルバーとプラチナの釉薬のカップは
陶芸家 宮部友宏さんの物  贅沢なカップです。
by noisette7 | 2011-11-09 13:25 | 器と料理 | Comments(2)